スポンサードリンク

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

MUSIC JAPAN(NHK)でLIVE!!

2007.10.21
若者向けのNHK音楽番組『MUSIC JAPAN』の12日放送分の収録が1日に東京渋谷のNHKホールで行われた。同局の『みんなのうた』で小学生を中心に人気がある『おしりかじり虫』がなんと着ぐるみで登場!この日行われるLVEのためだ。約30000万人の観客が見守る中初のライブを繰り広げた。

本番前、「紅白(への出場)は?」と報道陣に質問されたおしりかじり虫は、「紅白ってなあに?」始めは無邪気に聞いていた。しかし、「いっぱいおしりが集まって歌合戦をするイベント」と番組プロデューサーに説明を受けると「僕、絶対行きたーい!!おしりかじりたーい」と答え周囲の笑いを誘っていた。

おしりかじり虫は、NHK『みんなのうた』で6月から放送されている歌『おしりかじり虫』のキャラクター。人のおしりをかじりおせっかいを焼き人間同士のつながりをよみがえらせるのを仕事にしており、とにかくおしりをかじるのが大好きな妖精。テンポのいいメロディーと『超いい感じ』『都会のおしりは苦かった』などの歌詞、踊りが小学生を中心に人気を呼び、絵本やキャラクターグッズが製作されるなど大ヒットとなっている。

この日の出演は、「日本中におしりかじりブームを起こしたい!」と番組プロデューサーの熱意から実現。NHK『みんなのうた』ではアニメ映像が流れているが、この日のおしりかじり虫は番組MCの関根麻里さん、振り付け担当の南流石さん、28人のダンサーと一緒に着ぐるみで登場し、関根さんらとおしりをぶつけるおしりあいポーズ(笑)を披露。観客も踊りに巻き込んで盛り上がった。


スポンサーサイト

おしりかじり虫

2007.10.06
「おしりかじりむし~♪」のキャッチーなフレーズと人のおしりをかじるというなんとも迷惑でユニークなキャラが巷では流行っている。そのアニメキャラクターの名前は『おしりかじり虫』。この人のおしりをかじるという突飛な虫のアニメキャラクターが笑顔で歌い踊りおしりをかじりまくる曲がなんと20万枚も売れるという人気ぶり。6月からNHK『みんなのうた』で放映されており、ネット上では「インパクトがすごい」「頭からこの歌がはなれない」などのコメントが相次いでいるという。

原案・監督はウゴウゴルーガ(フジテレビ系)のアニメーションでも有名な2人組アーティストユニット『うるまでるび』。この楽曲では歌/おしりかじり虫となっているが、実ははうるまでるびが歌ったものを加工し虫っぽい声に合成したということだ。

『おしりかじり虫』は文字通り人のおしりをかじるというなんとも変な虫。「かじって かじって かじってナンボ かじってナンボの商売だ♪」といろんな人のおしりをかじってまわる。NHKのサイトによると『複雑化する現代社会で、距離や遠慮が高じて生まれた漠然とした疎外感』のため元気がない現代人のおしりを救うべく立ち上がったやんちゃな妖精らしいが、かじられる方はたまったものではない(笑)楽曲の意味はさておき、シンプルな歌詞とノリがいいリズム、一度聴いたら忘れられないインパクトが人気の秘密といえる。

おしりかじり虫は放映直後からYouTubeに動画がUPされ、mixiにはコミュニティーができるほど話題になっている。また親子ではまるケースも少なくない。NHKによると着メロのダウンロード件数がみんなのうたの通常時の20倍に跳ね上がっているという。ここからもおしりかじり虫の人気がいかにすごいかということがうかがえる。


【おしりかじり虫】
□NHKの歌番組『みんなのうた』で2007年に放送された楽曲。
□上記の楽曲を題材とした絵本。
 正式なタイトルは『おしりかじり虫 うたとおどりのほん』。
 作・絵:うるまでるび。2007年8月24日発売。発売元は主婦と生活社。
 ISBN 978-4391134926

【うるまでるび】
□うるまでるびは、「うるま」(男性)と「でるび」(女性)の夫婦によるアーティストユニット。「ウゴウゴルーガ」、「びっくりマウス」、「おしりかじり虫」など作品で有名。自身のホームページで多数のFlashアニメーション作品を発表するなど積極的に活動している。
□うるま(男性)は有限会社うるまでるびプロダクション代表。日本アニメーション協会理事も務める。余談だが沖縄県うるま市や日本たばこ産業(JT)が沖縄県限定で発売している紙巻きタバコ「うるま」とは無関係らしい。





世知辛い現代の日本を「お節介」によって元気にしようと奮闘する妖精おしりかじり虫が老若男女あらゆる人々のおしりに次々かじりつき、笑顔にしていく様子が描かれる。都会の人のお尻は性に合わないらしくスクランブル交差点の中央で倒れ寝込んでしまうが、滝行などを経て復活する。

タイトルの「おしりかじり虫」をリフレインし、「超いい感じ」「へこんだ」などの若者言葉を歌詞の一部に取り入れている。『みんなのうた』で放送されたのは2分20秒のショート・バージョンで、他に3分30秒のディレクターズカット版がある。



NHK みんなのうた
うるまでるびオフィシャルサイト


6月にNHKの「みんなのうた」で放送開始から、幼稚園から小学校低学年の幼児を中心に爆発的な人気に。癒しのアニメーション、一度聴いたら耳について忘れられないフレーズが子供だけでなく大人の共感を呼び、CDは発売後1ヶ月でなんと10万枚を突破。NHKが提供する着メロサイトでは6月、7月、8月と3カ月連続でダウンロード数No.1を記録したとか。これは、これまで同サイトのダウンロード数トップだった宇多田ヒカルの『ぼくはくま』を抜き去って現在も記録を更新中。

また発売から3カ月以上経った今でもCDの売上は9月9日付のオリコン・シングル・デイリーランキングで第3位、9月24日付の週間ランキングでも第8位に食い込むなど、おしりかじり虫はまるで伝染性ウィルスのごとく大増殖を続けている。

このおしりかじり虫の快進撃を受けて「みんなのうた」では通常2か月毎に行っている歌の入れ替えを大幅に期間延長して11月まで放送するという異例の措置を決定。現在は歌を収録したCDだけではなく絵本も発売。今後はキャラクター商品の販売も計画されるなど今後もおしりかじり虫の大繁殖が続きそうな予感がする。

おしりかじり虫がNHKの歌番組『Music Japan』
カテゴリー
最近の記事
過去ログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。